バイバイ、クイーン

バイト先で頼まれたことがめんどくさい

くそ、くそっ!!バイト先でめんどくさいことを頼まれてしまった。
嫌と言えない私も悪いんだが、なんか断りにくい雰囲気なんだよな。

 

くそう、めんどくさいけどやるしかあるまい。だけど気分はブルーだよ。
家に帰ってきてまでどうでもいいような仕事をしないといけないなんて、本当に糞みたいな気分だよ。

 

社員だったらともかく、単なるバイトだぜ?
バイトだって仕事だから手は抜かないけど、
家に帰ってからも仕事の義務が生じるのは勘弁して欲しいものだよ。

 

家に帰ってからも仕事内容を反省したり、
イメージトレーニングしたりして仕事の習得に努めてはきたんだけど、
それは純粋に私の向上心から来るものだ。

 

だけど今回のはそうじゃない。
職場の上司から頼まれたことだからプライベートにまで仕事の責任が付き纏うことになる。

 

はあ、めんどくせーなあ…。
まあ受けた自分が悪いんだから、嫌だけどそんな素振りは見せずにちゃんとやりますよ。

 

ちょっとした書類の作成を頼まれたんだけど、
他に仕事してる身だからそれだけに集中するわけにはいかない。
だから余計に面倒なんだよな。やりたくないけど受けた以上はやりますよ。

 

表向きは「全然オッケー♪」みたいな態度をとってしまったから、
まさか私がこんなことを思っているとは思いもよらないだろうな。
だけど人間ってそんなもんでしょ。みんなその場に応じた仮面を被っているんだよ。

 

はぁ、ため息が止まらないけどなんとか頑張ろう。
大した書類じゃないし、集中してやればそんなに時間はかからないはずだ。

 

ただ、やりたくないっていう気分的な問題が大きいんだよな。
そんなの社員がやればいいじゃないって思うんだよ。こっちは時給なわけだし。

 

今更こんなこと言ってもしょうがないけど、愚痴らずにはいられないでしょ。
職場の上司から頼まれるってことは半強制的なものなんだからさ。
断ったらその後が気まずいよね。だからそんなの頼まないでくれよって思うんだよ。

 

言いたいこと言ってちょっと落ち着いたから、一眠りしてからやりましょうかね。
爽やかな目覚めってわけにはいかないかもしれないけど、寝ればやる気も少しは回復するだろう。

 

こんな気分の時って、ある程度愚痴らないと悶々として眠れないよね。
こんな時に日記っていいなと思うんだ。
日記というものが存在しなかったら、私は心の平静をどうやって保てばいいんだ?
そんな疑問が湧いてくるね。
その時はその時で何か方法を考えるんだろうけど、やっぱり日記が手軽でいいよね。

 

それじゃあおやすみなさい。もう朝だけど。


無性に文章を書きたくなることがある

私は突如として、無性に文章を書きたくなることがあります。
この衝動は一体何なのかは分かりませんが、
私にとって文章を書くという行為は何か意味があるのかもしれません。

 

もしかすると、私の過去に何かあったのかもしれません。
それは分からないのですが、きっと文章にまつわる何かがあったのでしょうね。

 

私は昔から言葉に対する興味が強く、それゆえに変人のように思われることもありました。
自分ではそんなにおかしなこととは思っていないのですが、言葉遣いに特徴があるようです。
ですが、それはみんなあることですよね。私だけが特別だということは無いはずです。

 

そんなことはどうでもいいことなのですが、私が今一番やりたいのは、文章を書きまくることです。
それも何も考えずにどんどん書きまくっていくことです。
書いた言葉を読み返すことも無く、ただひたすらにキーボードを打ちまくりたいのです。

 

今の私は、少し情緒不安定になっているのかもしれません。ですが、病んでいて何が悪いのでしょうか?
誰にも迷惑をかけていないのであれば、それでいいのです。

 

私は普通に働いていますし、税金も納めています。いたって普通の一般人です。
ただ、文章をたくさん書きたいという願望があるだけです。

 

願望はあるのですが、そんなにスラスラ書けるわけではありません。
なのでじれったくなってストレスを感じることもあるのですが、
それでもなんとしてもたくさん書きたいという熱意があります。

 

だから今もキーボードを叩いているのです。
もっと速く、もっとたくさんの言葉でこの空間を埋め尽くしたいと思っています。

 

ですが、なかなか思うようにいきません。
ただキーボードを打てばいいだけなのに、その単純なことが思うようにいかないのはもどかしいです。
もっともっと文章を書きたいですし、もっともっと速く書けるようになりたいです。

 

感じたことをスラスラと言葉にできたなら、きっと気持ち良いと思います。
文章を書くことで脳が活性化されるかもしれないという期待もあります。

 

頭が良くなりたいという願いはずっと昔から持っていて、脳トレ関係の本やゲームも持っています。
ですが、そんなに効果を感じないんですよね。
もっとやり込まないといけないんでしょうし、継続もしないといけないのだと思います。

 

この文章を書くという行為も、
継続していればササッと自由自在に思うがままにできるようになるのでしょうか?
私はなると思っています。
だからこそこれからも書き続けようと思っていますし、いずれ脳が進化すると信じています。

 

» 続きを読む


何もしないという選択肢

時には何もしないのも良いと思います。
しなければならないことが無いのであれば、何もしないのもまた良いものです。

 

もちろんしなければならないことがある場合は、
やる気が出なくてもとにかくやらなければなりません。
ですが、そうでなければ完全なる休息を取るというのも良いでしょう。

 

ストレスの多い社会ですから、何もせずにリラックスするのも必要でしょう。
何かしたくなったらやればいいですし、
それまではじっと体と心を休めるのも一つの有効な時間の過ごし方だと思います。

 

仕事ではいつも焦燥感に駆られるという人も多いのではないでしょうか。
私はいつもそうなので、潰れてしまう前に休息に入ります。

 

好きな音楽を聴くのもいいですし、好きな本を読むのもいいでしょう。
ゲームをするのもいいと思いますよ。スポーツが好きなら体を動かすのもいいものです。

 

人それぞれ、自分に合った楽しみ方をすればいいのです。

 

何もする必要が無いのに、「何かしなければ!」と自分を追い込んでしまうのは止めてください。
あなたは自由なのです。あなたの行動は、あなたが自由に決められるのです。

 

自分で自分を縛り付けてしまうのは、とても苦しいでしょう。
必要なときに、必要なことをすればいいのです。後は自由な時間を楽しみましょう。

 

もしも楽しめなくても、心は思うように操作できませんよね。
心が自由にコントロールできたとしたら、誰も苦しみません。

 

心理学関係の本にコントロール方が書いてあったりしますけど、
完全にコントロールできるわけではありませんし、
精神状態によってはやらない方がいいこともあるのではないでしょうか。

 

やり方にも相性があるでしょうし、やはり自分なりのやり方を見つけるのが一番です。
他人に効果があったからといって自分にも効果があるとは限りませんし、
自分に効果があったからといって他人にも効果があるとは限りません。

 

だから結局は自分で見つけ出すしかないのです。

 

» 続きを読む


なんとなく手を動かしてみる

今日もすでに真夜中になってしまったけど、今日一日一体何をやっていたのかと反省してみると、
実は何もやっていなかったということも多かったりします。
もちろん何かをしていたのは間違いなんだけど、大したことはやっていないのです。

 

もっと時間を有効に使いたいものだと思いながら、ついついだらけてしまうのが私の悪い癖ですね。
やらないといけないことがあるときしかエンジンがかからないんですよね。

 

そんなときはどうすればいいかというと、
やっぱり心の内を言葉にしてさらけ出してみるのがいいのではないでしょうか。

 

そうすることで活力を取り戻せるような気がするんですよね。
気がするだけなのかというとそうでもなくて、確かにじわじわと力が湧いてきます。

 

要は何かしていればやる気はそこから引き出されるということなのではないでしょうか。

 

追い詰められてから初めて重い腰を上げるのではなくて、
普段からなんとなく手を動かしてみるということが余裕を持った行動に繋がると思います。

 

やらなくてはと気構えると面倒臭くなってきますので、
なんとなくやり始めるのがいい感じだと思っています。

 

それにしても時間って何もしなかったら本当にあっという間に過ぎ去ってしまいますね。
私はせめて言葉を刻んで行きたいと思っていますので、ここでこうしてキーボードを叩いているのです。
この生活はいつまで続くか分かりませんが、続けられる限りは続けて行きたいと思っています。

 

あなたには何かやりたいことがありますか?もしあるのなら、そこへ一直線に向かってください。
時には寄り道もいいですが、寄り道は多くの場合無駄に終わります。

 

だから目的地をイメージしたら、そこへ一直線に向かうことをお勧めします。
本当に無駄なことって多いですよ。
ネットに氾濫している情報もそうですし、テレビで流れている情報もそうです。
大抵は興味を惹くように捻じ曲げられていますので、鵜呑みにしないようにしてくださいね。

 

» 続きを読む


完全な物など無い

調子の良いときも悪いときもあるけれど、それはそれとしてやっていくしかないんだよ。
いつも調子が良いってことは有り得ないし、そもそも完璧な状態なんて無いんだ。

 

いつもどこかしら不完全なんだよ。
だから何でもかんでも完全にしようとすることはナンセンスだ。

 

ある程度のところで次に進まないと、いつまで経っても先に行けない。
一年経っても何の進歩も無いなんて、あまりにも悲しい話だろう。

 

どんどん先に進んで行った方が楽しいし、自分の為にも人の為にもなるんだよ。
自分が成長するということは、人を成長させる器ができるということでもあるんだから。

 

体調が悪いこともあるだろうし、何か不安なこともあるだろうけれど、
ちゃんと準備しておけばあとはなるようになるさ。

 

大体の準備ができていれば、あとはその場その場で対応していけばいい。
何も起こらないなんてことは無いんだから、臨機応変に対処していくことだね。

 

そうすれば時間を無駄にしてしまうこともなくなるし、
気力を消耗してしまうこともなくなるだろう。

 

完璧にしてようとして、
それだけで気力も時間も使い果たしてしまうなんてあまりにも馬鹿げてる。

 

それは分かってると思うんだけど、分かってるのとできるのとではまた違うから、
強引にでも前へ前へ出て行くことだ。

 

人生は思い切りが大切なんだよ。躊躇している間に、どんどん時間は過ぎていく。
時の流れは無情で強制的なものだから、追われるよりも追う側に回るのが一番の対策だ。

 

もちろん細やかな気配りも大切だから、何でも適当にやってしまうのは良くない。
だけどどうでもいいことも多いから、それを見極めてやっていくことだね。

 

要はポイントを押さえようということだ。

 

それに気配りも完璧にしようとして躊躇してしまうと、無神経という烙印を押されてしまう。
何気ない一言が人の心を動かすこともあるから、プラスの言葉は積極的に発していくといいね。

 

» 続きを読む


プロフィール

悩み多き日々を送ってきましたが、人生を楽しんでいます。
苦悩の中にある人に、何かを感じてもらえたら嬉しいです。

走り書きカテゴリは、私が過去や現在に心のままを綴ったものです。

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ